当ブログで紹介している
☆漫画一覧はこちら☆

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

なんかグロそうなタイトルだけど、面白いの?「拷問トーナメント」~ネタバレ・感想・あらすじ~

遂に拷問トーナメントが始まってしまったようです。

漫画タイトルからしてもなかなかえげつなさそう。

こういう漫画を見つけてすぐ手にとってしまうとは…いよいよヤバいですねw

「拷問トーナメント」

簡単なあらすじ

隠れオタクであるこの漫画の主人公の「太田 俊輔」

彼は電車に乗ろうと駅のホームへ向かった。

駅に着いて改札を抜ける。

すると、一人の男性が肩にぶつかってきた。

なんとその男性はそのままホームを飛び降り、線路に出てしまった。

太田は急いでその男性を止めようとするが、もう既に電車は目の前まで来ている。

そしてその男性はそのまま電車に轢かれてしまった。

太田はその男性が轢かれる直前に、その男性の顔を見ていた。

なんとその男性の顔は、太田の顔とそっくりだった。

ドッペルゲンガーか何かか?と太田は思ったが、何にしても不吉である。

一旦落ち着くために太田は駅のトイレへと向かう。

トイレで落ち着こうとしていると、ポケットに何かが入っているのに気づく。

取り出してみると、自分のではない1台のスマホが入っていた。

これを誰かが自分のポケットに入れたのだとすれば、そのスマホを入れた人物はさっき電車に轢かれた男性が自分と肩がぶつかったときぐらいしか考えられない。

犯人扱いされても困るので、太田は急いで駅から出ることにした。

家に帰って部屋でとりあえず横になる太田。

その頃スマホの画面には、こんな文字が表示されていた。

「WELCOME TO 拷問トーナメント」

この出来事がきっかけで、太田は拷問トーナメントに参加させられることとなる。

※ここから先はネタバレ含みます。

拷問トーナメントのルールをザックリ説明

ルールは割とそのままという感じです。

拷問する側と拷問される側の人間が同じ空間に閉じ込められ、拷問する側がされる側から指定された条件を聞き出す。というもの。

太田のようなスマホ持ちの人間は、拷問する側となる。

拷問される側の人間は、情報を吐かずに一定時間耐えると賞金などがもらえる。

拷問する側も同様、情報を吐かることができれば、賞金をもらえるらしい。

対戦が行われるとき、部屋は2部屋に分けられており、各部屋に拷問する側1人、拷問される側1人ずつの計4人の人間が参加することとなる。

「拷問トーナメント」というぐらいなので、拷問する側は、対戦相手(もう一人の拷問する人間)より先に情報を聞き出すことができれば勝利。

トーナメント方式で次の対戦に向かうことができます。

じゃあ負けた側はどうなるの?

分かりません

負けた側のことに関してはちゃんと記載されてないのでハッキリとは分かりませんw

ただ、負けた側の人間の言動から、特に負けたら社会から抹消されるみたいなことはなさそう。

次勝った時の賞金が減る感じっぽいです。

あと、このトーナメントから抜け出す方法は「勝ち続けて優勝すること」みたいです。

この漫画の主人公の太田は、自分とそっくりな顔の「白の貴公子」と呼ばれる男の代わりみたいな感じでトーナメントに参加させられてます。

白の貴公子は13連勝してたみたいで、なおかつ優勝してないので、計算してみると参加者はなんと1万人オーバーとなかなかの人数。
少々多すぎやしませんか?

何人の参加者がいて、何連勝すれば優勝できるのかは全くもって不明です。

拷問トーナメントのルールはこんな感じです。

拷問トーナメント第1戦と2戦が終了

拷問トーナメントいうタイトルの漫画なので、中身も相当グロイ感じになっているのかと思いきや、描写的にはそこまでグロイ感じもなく読みやすい。

やってることは完全にえげつないですけどね。

白の貴公子の身代わり的な感じで拷問トーナメントに参加することとなった太田。

無事1回戦と2回戦を突破しました。

1回戦目の相手は、チェーンソーでじわじわ身体を切り刻んで行くタイプの人、2回戦目は、ひたすら鞭で身体をバシバシ叩く女の人。

2回戦目の相手なら拷問されてもいいかなと思う男性も多数いることは明確。

どちらの対戦相手も、拷問のテンプレ的な感じで相手の身体を痛めつけるような感じ。

しかし太田はもちろんそういうことに慣れてないので、ちょっと特殊な感じで勝ち進んでますね。

1回目はスマホで不正解の音を鳴らして騙して勝利。

2回目は拷問というか、焼き払って拷問相手を瞬殺しそうになってしまうぶっ飛び具合。

そして2巻の最後の方には次の対戦相手と思われる人物も出てきましたが。

どうなんでしょうかこの漫画は?

きっぱり言ってしまうと、現時点ではそんなに「面白い!!」という感じでもないです。

今のところ、単調な感じで淡々と1回戦2回戦が終わってしまったような感じ。

3回戦の相手もこんな感じで終わってくのでしょうか。

このトーナメントを主催する側が誰なのかとか、主催の目的なども既に分かってしまってますし。

こういう漫画によくある「謎」な部分があまりない。

黒幕は誰だ?とか、なんでこんなことが起こってるの?みたいな。

早々に目指すべきとこが決まってしまい、後はそこに向けて進んでいく…という感じになってしまっているので、ワクワク感のようなものがあまり感じられません。

その中で少しだけ気になるのが、「白の貴公子」が何者なのか?

という部分ですね。

太田とそっくりな外見で、前回13連勝していて、電車へ飛び込み自殺。

どういう経緯でこうなったのか…

家族を拷問にかけたショックで自殺することを図ったのか。

だとしても、何故自分とそっくりな外見な人間に後のことを託したのか。

この辺の謎が明らかになるのは楽しみな部分でもあります。

太田も最終的には白の貴公子と同じように、誰かにスマホを託して自殺してしまう。という、白の貴公子と同じルートを辿る展開になったりするのでしょうか。

今後の展開に注目です。

まとめ

以上「拷問トーナメント」1-2巻のあらすじ・感想でした。

2巻時点での個人的評価は微妙なところ。

このあとも同じように3回戦、4回戦と勝ち進んで終わっていくのでしょうか。

それだといまひとつ盛り上がりにかけてしまう気もするので…

何か一波乱ある展開になってほしいところです。

スポンサードリンク

 

【特集!!】漫画を安くで読む方法公開中
↓↓↓↓↓↓↓↓

管理人も使ってる!
漫画を安くで読む方法

 

 

「Renta!」
漫画レンタル派の方におススメ!
管理人たつのみやはレンタル派です
↓↓↓↓↓↓

 

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

当ブログで紹介している
カオスな漫画一覧はコチラより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あ、新たな漫画発掘などに役立ててね…
漫画一覧はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする