当ブログで紹介している
☆漫画一覧はこちら☆

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

気になったので読んでみたw「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」1巻~ネタバレ・感想・あらすじ~

「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」というタイトルを見て読みたいと思ってしまったので読んでみました。

最初に断っておきますが、

「グロイのが好き!」

「人死ぬの大好き!」

みたいな歪んだ感性をお持ちの方は求めてないような内容の漫画です。

僕も読んでみて内容は予想外でしたw

なんか結構シリアスな内容なのかと思ってました。

正直このブログで紹介するような内容の漫画かどうかは謎な部分はありますが、読んでしまった上に個人的には嫌いではないので紹介しようかと思います。

どんな内容の漫画?

冒頭でも言ったように、この漫画は人々が殺戮を繰り広げ、グロい描写があったり、人がどんどん死亡してくようなゴリゴリのデスゲーム漫画ではありません。

ジャンルとしてはなんでしょう…

ギャグ漫画かな!…かな!

それか、「日常系」みたいな感じ。

内容はタイトルに「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」とあるように、デスゲーム運営している子持ちのお父さんのお話です。

なんかこのタイトルだと、

父さんな、実はデスゲーム運営で
お金稼いでるんだ…
人がどんどん死んでくような恐ろしい
ゲームを開発してるんだよ…

すまん、
お前の父さんは立派な殺人鬼だよ…

みたいなシリアスな内容の漫画なのかと思ってましたが、まさかの日常系のギャグ漫画に近いような感じでしたw

いや、まぁ今後どうなっていくのかは分かりませんけどね。

恐らくゆる~い感じで進んでくんじゃないかと予想しています。

というのも1話で、

「そうこれは、残酷かつ美しい手に汗握るデスゲーム漫画などでは無い!!デスゲーム運営会社で中間管理職として働くサラリーマン、黒崎鋭司の物語である」

と書いてあるからこう予想してます(えっ

ちなみにこの漫画の主人公は、上記にも出てくるサラリーマンの「黒崎 鋭司」です。

彼には妻と1人の娘がいます。

彼女らを養うためにも黒崎は懸命にデスゲーム運営という仕事をしてます。
デスゲーム運営とかめっちゃ給料良さそう

そしてこの黒崎鋭司。

仕事はなかなかできる上に、立ちはだかる様々なトラブルに的確に対処していきます。

例えば、新たなデスゲーム「ピカレスクゲーム」を運営することになった黒崎。

ピカレスクゲームは、国民100万人を巻き込んだデスゲーム。

ちなみにこの世界はデスゲームがもはや認められているような世界。

デスゲームの参加権は、国民の意思で自由に決められる。

よくあるデスゲーム漫画みたいに、勝手に見覚えのない空間に隔離されてデスゲームが始まる。みたいな感じではない。

とはいえ、100万人もの人数が参加するとは…

この世界は狂ってる。

もちろん命がけのリスキーなゲームなので、生き残ったときの賞金なども多いですが。

このピカレスクゲームには莫大な資金を投資しているので、運営側としては長く人に利用してほしいと思っている。

にも関わらず…ピカレスクゲーム初日で、なんと100万人の参加人数が789人になってしまったのですw

当初の予定では、最初はクッソ弱いモンスターを出現させ、ゲームに慣れてもらうはずだった。

なのにこの人数の減りよう…

明らかにおかしい。

黒崎はすぐに原因を突き止めた。

というのも、このゲームのプログラミングはとある天才プログラマーが組んでいる。

原因は明らかにその天才プログラマー。

そのプログラマーが勝手にプログラムを書き換え、最初から超高難易度にしてしまっていた。

黒崎はこの事態に一瞬動揺。

しかしこの後他の社員に放った言葉は、

100万人が789人になった?
それがどうかしましたか?

強気である。圧倒的に予想外のことが起きたにも関わらず強気である。

こうして社員を一旦落ち着かせた黒崎は、すぐさま例のプログラマーの元へ。

そのプログラマーは、端的に言うと「私が神だー!私の力を思い知れー!」みたいな発言をし出すような変態。

そんなプログラマー(神)に対して黒崎は土下座をし、その神を上手いこと言いくるめて初日で死亡した人たちを生き返らせるように説得。

神が求めているものは
崇拝だと早急に察知

このデスゲームでは、死んだ者の意識はサーバーに蓄えられているので復活させようと思えばさせることが可能。

無事神を説得し、死んだ者の意識を復活させることとしたが…

デスゲームなのに復活するとか禁忌を犯すようなものである。

他の社員もそんなものに納得でいるわけがない。

しかしこの場でも黒崎は、

多くの人間は命の大切さに気付いていない。命の大切さに気付いていないようなぬるい思考でデスゲームをやってもらっては困る。だから一回死の感触を味わってもらった。

みたいなそれっぽいことをつらつらと並べ、社員を説得してみせた。

結果、初日にデスゲームで死んだ人間を生き返らせることに無事成功。

100万人が1日で一気に789人に減ってしまったミスを見事に当初の予定みたいな感じに書き換えた。

と、こんな感じに黒崎はデスゲーム運営という仕事をシャープにこなしていく。

昨今世の中に溢れているデスゲーム系の漫画とは全く別物の内容となっています。

この後、ピカレスクゲームに娘の友達が参加していることを知り、完全にその娘の友達をヒイキするような運営をはじめますw

他のプレイヤーに狙われてる娘の友達を、自分がゲームのキャラに扮して紛れこみ助け出したり、その子に有利なイベントを開催したり…

ちなみに黒崎のゲーム内キャラはチート級に強いですw

1巻はとりあえずこんな感じに終了。

デスゲーム系漫画という目線で見ずに、日常系のギャグ漫画目線で見ると面白いです。

殺伐とした漫画ばかり見ていると、気分がダークになっていきそうな時もあるので、たまにはこういう漫画でリフレッシュするのもアリですね!

まとめ

以上、「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」のあらすじ等でした。

デスゲーム系漫画だ!読むぜー!!みたいな気合いで読み始めた人にとっては残念な作品かもしれませんが、ギャグ漫画系もデスゲーム系も好きな人にとったら面白い作品なのではないでしょうか。

気になる方は是非とも読んでみてください!

スポンサードリンク

 

【特集!!】漫画を安くで読む方法公開中
↓↓↓↓↓↓↓↓

管理人も使ってる!
漫画を安くで読む方法

 

 

「Renta!」
漫画レンタル派の方におススメ!
管理人たつのみやはレンタル派です
↓↓↓↓↓↓

 

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

当ブログで紹介している
カオスな漫画一覧はコチラより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あ、新たな漫画発掘などに役立ててね…
漫画一覧はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする