当ブログで紹介している
☆漫画一覧はこちら☆

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

【完結】賛否両論ありそうな終わり方してしまったw「今際の路のアリス」最終巻(8巻)~ネタバレ・感想~

「今際の路のアリス」が遂に最終回を迎えてしまいました。

終わり方についてはどうだろう…

賛否両論様々だと思いますがw

個人的にはあまりスッキリした感じがしなかったかなと…w

ではネタバレ等書いていこうかと思います!

 どんな結末だったの?

キーナの過去

7巻の時点で今際の国にみんなが来た謎も分かり、元の世界に戻る方法も分かった。

あとは、残された「アリス」「キーナ」「ミト君」「アジキ」「クキさん」がどうなるのか?

また、キーナの過去がどんなものなのか?

この辺がどうなっていくのか…という感じでした。

まずは「キーナの過去」

キーナの過去はかなり暗いものでした。

両親は母親は厳しく、父親はギャンブル依存。

挙句の果てに父親は、家の財産をギャンブルで食いつぶし、別の女と家を出ていくというクソっぷり。

そこから母親も気が狂って、別の男を家に連れ込み…みたいな感じ。

そのときキーナは性的虐待を受けていた可能性もあると。

そして学校に通うようになったキーナだが、学校でも上手くやっていけずイジメに遭う。

高校になると、幼少期に出てった父親が強姦事件で逮捕され、キーナや母親は連日マスコミに追い掛け回される羽目に。

そして遂に母親は連れ込んでた男と二人で、キーナを置いて消息を絶った。

キーナにはこんな感じの過去がありました。

その後キーナは施設へ預けられ、電気電子工学などの本を読み漁り、ふとした瞬間に学校へ行きたいと言い出した。

それから…とあるガソリンスタンドで爆発事件を起こした。

さらにキーナはその後、大量の爆発物を東京のどこかに仕掛けたという犯行予告の文を公開した。

キーナはずっと地獄のような人生を歩んできて、もはや身の回りの誰もが敵であるかのように認識していた。

それ故、大量の人が行き交いしている東京のどこかに大量の爆弾を設置した。

捜査官の「キマリ」は、その事件の調査をしており、現実世界でキーナを犯人だと断定し、キーナに近づいた。

キマリがキーナの元へ向かい警察手帳を見せた瞬間、キーナは逃げ出した。

そして次の瞬間、キーナは側道から出てきた車に撥ねられ意識不明の重体となり、今際の国で目を覚ました。

という感じです。

まさかキーナが大きな事件を起こそうとしている犯人だったとは…

予想外でした。

7巻まで読んで展開予想みたいなものもしてたのですが、キーナは事件に直接関わっているわけではなく、ただ周りの人間に巻き込まれただけかと思ってました。
※上のリンクからその記事見れます

暗い過去があって、精神崩壊して周りの人間が全員敵だと思って東京の人間を大量に巻き込む爆発事件を起こそうとする。

まとめるとこんな感じでしたね。

今際の国からの脱出

このような過去があったため、キーナは現実世界に戻りたくないワケです。

そんなキーナをアリスは一生懸命説得して、キーナを現実世界に連れ戻そうとしますが、それをアジキが引き止めようとします。

アリスの説得にキーナの心が動きそうになったとき、アジキがアリスに「もう喋るな」と言って拳銃を向けます。

そんな状況で救世主のクキさんが登場。

ミト君も参戦。

2人とアジキの戦闘開始。

その戦闘の最終局面で、アジキはキーナに銃を向け引き金を引く。

それと同時にクキさんはアジキの頭部めがけて引き金を引く。

その瞬間、キーナがアリスをかばったため、2つの銃弾はキーナとアジキにヒット。

そのままキーナとアジキは死亡してしまった。

生き残ったのは、アリスとミト君とクキさん。

ミト君やクキさんが最後まで残るのは予想外。

アリスとミト君はもちろん元の世界に帰ることを選択。

クキさんは…

一緒に帰ろうと言うと、何も言わずにどこか遠くに歩いて去っていってしまった。

クキさんはこの世界に残ることを選択した。

結局現実世界に戻ることとなったのは、アリスとミト君の2人だけ。

ただ、今際の世界での記憶は現実世界には引き継がれないので、二人は自分の腕にそれぞれ傷を残して戻ることにした。

アリスは腕に「キーナ」という文字を刻み、ミト君は「アリス大好きだ」という文字を刻んだ。

ミト君の方とか、もし傷がずっと残るようなら恥ずかしくて今後人前で腕さらけ出すことができなくなってしまいそうなもんですがw

そしてミト君が好きだったのキーナだと思ってた…

そうやって2人は現実世界に戻った時に記憶を呼び覚ます「キー」となるように腕に文字を刻んだ。

そしてトランプを事故現場へ置くことにより元の世界へ帰還した。

現実世界で・・・

今際の国から現実世界に帰ったアリスとミト君には、もちろん今際の国での記憶はない。

キーナが仕掛けた爆弾は3日後ぐらいに爆発するので、急いで記憶を呼び覚まさなければならない。

だがアリスとミト君は入院しており、腕につけた傷も包帯でぐるぐる巻きにされているので、2人はその傷を見ることができない状況w

ここからはすっ飛ばして行きますが、結局アリスが高校のソフトボールの試合のため京都に向かうときに電車に乗っていると、外の景色を眺めているうちに記憶がじわじわ蘇ってきた。

そして京都についた瞬間急いで清水寺に向かい、そこで完璧に記憶を取り戻した。

あとは爆弾のことを警察に電話して爆弾事件は解決。

アリスは一人で京都旅を満喫して、最後に「楽しかったね!」と言ってこの物語は幕を閉じました。

最後の京都旅はあの世のキーナも一緒に旅しているみたいな設定で、アリスは京都を満喫して最後に「楽しかったね!」と言ったのでしょう。

こんな感じに「今際の路のアリス」は完結しました。

読み終わった感想

いやー…今際の路のアリス完結してしまいましたね。

今際の国のアリスのときから面白いと思って読んでたので、この作品にも期待してました。

結局8巻で完結と、非常に読みやすい巻数で終わりました。

1巻からずーっと読んできて、「やっぱ面白いな~」と思いながら読み進めてました。

しかし最終巻である8巻。

この巻を読み終わって微妙な感じになってしまいましたw

多分この終わり方は賛否両論いろいろありそうだなという感じです。

アリスとミト君が現実世界に戻るまではよかったのですが、現実世界に戻ってからトントン拍子で終わっていってしまった感がなんとも言えません。

結局現実世界に戻ってからのミト君なんて、ほんの一瞬しか出てきませんでしたしw

ミト君がその後どうなったかも定かではありません。

退院した後結局記憶は蘇ったんだろうか…「アリス大好き」って書いた傷を見てどう思ったんだろう…

最後まで生き残ったのに、現実世界に戻ってからのミト君の扱いがヒドイw

あと、一番「マジか!」と思ったのが「記憶の蘇らせ方」

アリスは結局京都に向かう電車で記憶の断片を取り戻しつつ、清水寺の最初に出会ったところで記憶を完全に取り戻した。

あれ?腕につけた傷は?

せっかくつけた腕の傷は、ずっと包帯でぐるぐる巻きにされてたので結局最後まで出てきませんでしたw

せめて記憶を蘇らせる1つのキーとして、その傷を使って欲しかった。

なんなら、記憶が蘇りそうになってモヤモヤしている時にその傷をふと見て記憶が「キュイイイン!!」と蘇る。みたいな最後のキーになってほしかった。

なんか腕につけた傷の無意味感が凄かった…

個人的に今際の国のアリスの方の終わり方は結構好きだったので、今際の路のアリスの方の終わり方もかなり期待してしまっていた感は否めません。

うーん…なんかもう少し現実世界でのストーリーやってほしかったな。

後日談とかも欲しかった。

個人的に終わり方は微妙だったかな~と思いましたが、ストーリー的には非常に面白かったです!

まとめ

以上「今際の路のアリス」ネタバレ・感想でした。

遂に完結してしまいました。

終わり方は微妙だったかなと思いましたが、ストーリーは面白かったです!

今後もアリスシリーズ出るんだろうか…

出るのであればその作品も絶対に読まねば。

何にせよ作者さんお疲れさまでした!

今後の作品にも期待してます!

それではありがとうございました。

この漫画を読んだ人へのおススメ漫画

スポンサードリンク

 

【特集!!】漫画を安くで読む方法公開中
↓↓↓↓↓↓↓↓

管理人も使ってる!
漫画を安くで読む方法

 

 

「Renta!」
漫画レンタル派の方におススメ!
管理人たつのみやはレンタル派です
↓↓↓↓↓↓

 

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

当ブログで紹介している
カオスな漫画一覧はコチラより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あ、新たな漫画発掘などに役立ててね…
漫画一覧はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする