当ブログで紹介している
☆漫画一覧はこちら☆

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

えっ!なんで!?…衝撃のラスト!「食糧人類」5巻~ネタバレ・感想~

食糧人類5巻。

徐々に面白い展開になってきています。

それではさっそくどうぞ!

5巻の簡単なあらすじ

5巻は、山引が桐生さんにメスで心臓を貫かれたとこからスタート。

山引がこの程度のことで死ぬような人間ではないと思ってましたが、案の定何食わぬ顔で「危ないじゃないですか~」なんてことを言い出す。

山引は過去に大量の放射能を浴びて自分の身体の細胞を作り変えて無事生き残った変態なので、桐生のようなモブキャラにやられては困る。

心臓を貫かれてもなお、なぜ山引は普通に生きているのか…

山引本人曰く、細胞を作り変えた時に「心臓の位置が変わった」らしい。

しかも、再生能力も備えている模様。

天井に張り付いたり、心臓貫いても死ななかったり、身体の再生能力を兼ね備えていたり…

ナツネに匹敵するレベルの強キャラですw

そんなこんなで桐生は山引に、

「ふざけんなよ~」

「なんでここに来るんだよバカ~」

と、小学生みたいな言葉を吐きつつ戦意喪失。

そのままナツネに放り投げられ、今まで人体改造を行ってきた人たちにボコボコにされてミンチにされてあの世へ行ってしまった。

これにて全員無事に桐生の人体改造を受けずに生還。

その直後、施設全体が突然の停電に見舞われる。

何事かと思っていると、館内放送が流れ出す。

声の主は、「和泉所長」

放送の内容は、

「山崎さおりに関連のある者はすぐに所長室に来てください」

というものだった。

この「山崎さおり」とは、ナツネの母親である

よって母親を醜い生物に改造したこの施設の人間に恨みを持っているナツネは、所長室へ直行。

所長室に辿り着いたナツネはすぐさま所長室のドアを開けた。

そこに待ち受けていたのは…

めちゃくちゃ威力の高そうな銃を構えた和泉所長。

和泉所長は間髪入れずナツネに銃を放った。

そして倒れこんだナツネに何発もの銃弾を撃ち込み、最後にはナイフを持ち出しそのナイフで頭部を切断した。

これにて一瞬にしてナツネ死亡..

にも見えますが、彼もまた何らかの理由で再生するんじゃないでしょうかw

この出来事に憤慨する伊江。

所長に飛びかかって殴りだす。

所長の横にいた花島さんというおじさんが止めにかかるも、和泉所長は「殴り殺されても文句は言えない」と男らしいセリフを放った。

前巻までの時点で和泉所長が今回の騒動の黒幕的人物かなとも思いましたが、全くそんなことはなくただの被害者で、突如現れた謎の生物たちに大きな恨みを持っており、今回殲滅を試みた。

今回施設が停電したのも和泉所長が電磁パルスを放ったからであり、この行動の目的が「謎の生物たちを施設内に閉じ込めて餓死させるため」。

ナツネは生きていると永久に再生し、その生物たちを一生生かす食糧となり得るので処分した。

そこから和泉所長がなんでこの生物たちにこんな恨みを持っているかの過去話にシフト。

結論だけ超簡単に言うと、和泉所長の父親はこの謎の生物たちに殺されてしまった。

そのため和泉所長はこの生物たちに恨みを持っていた。

以上、過去話、終わりw

この過去話が終わった頃に、施設内に閉じ込められた謎の生物たちはなんと共食いを始めた。

その様子を見て、遂に勝ったぞー!!と歓喜する和泉所長。

和泉所長は泣きながら、ずっとそばについていてくれた花島さんにもお礼を言った。

するとその次の瞬間、花島さんは泣きながら和泉所長をナイフで刺した(えっ

これにて5巻は終了w

読んでみた感想

山引とナツネ

食糧人類5巻、結構面白い展開になってきましたね!

とりあえず山引はやはり変態w

自分の細胞を作り変えた上に心臓の位置まで変わっているとは…

そして何よりも、オグッちゃんにフレンチキッスをするという異常っぷりw

ずっと施設の天井裏にいて、まともに風呂も入ってないであろう毛むくじゃらなオッサンにキスするとは一体どういう神経をしているのか。

行動が奇怪な上に頭が異常に良いので、今後の動向には要注目ですね。

というかやはり山引が学生時代にしていた研究は、ナツネという増殖種を作った原因ないし宇宙から来たと言われている謎の生物の誕生に一枚噛んでるんじゃないかな~と思う。

学生時代に変な生物創り出したりもしてましたからね。

山引は今回のこの騒動の大きなカギを握っている人物なのではなかろうか。

そういう意味でも今後目が離せない人物の1人ではありますね。

そして所長室に訪れた瞬間に銃器とナイフで所長に瞬殺されてしまったナツネ。

恐らく彼もまたこんなことでくたばるような人物ではないでしょう。

和泉所長は頭部を破壊すればナツネはもう再生しないみたいなことをかつて言ってた気がしますが、ナツネの再生能力は和泉所長の想像を遥か上回るような感じになってるとかあるかもしれません。

それか、もっと別の原因で生き返るか…

何にせよ、こんな感じにくたばることはないんじゃないかと思ってます。

和泉所長の過去話と衝撃のラスト

5巻のメインは和泉所長の過去話でしたね。

うん、まぁそうなんだ~という感じでしたw

5巻読むまでは、和泉所長がこの騒動の黒幕の可能性もあると思ってたので、和泉所長にこんな過去があって中身も良い人ってのは少し意外でした。

と、5巻のメインの話しだったのであろう和泉所長の過去話は個人的には割とどうでも良くて…(えっ

衝撃的だったのが、花島さんが和泉所長をナイフでサクッと刺したとこ。

5巻はここで終わってしまったのでなぜ刺したかは分かりませんが…

えっ、なんで・・・

花島さんどっからどう見ても良さそうな人オーラ放ってたじゃなですか!

現に和泉所長が涙流しながら勝利宣言してるとき、一緒に涙流してましたし。

この涙はなんだ!?

クイーンが喰われている様を見て泣いてたのか!?

花島さん実は謎の生物たちの味方でスパイみたいな存在なのか!?

なんで和泉所長を刺したのか…

例の生物たちに洗脳されてるって可能性もありますが、地球温暖化を止めるためってのも理由にあるかもしれませんね。

花島さんの家族が外の世界にいて、このまま地球温暖化が進むと確実に人類はヤバいことになるので、なんとしてでも謎の生物たちに温暖化を止めさせなければならない。

とかそういう考えを持ってる可能性もあります。

うーん…花島さんはなんでこんなことをしたのか。

6巻以降も非常に楽しみです。

まとめ

以上「食糧人類」5巻のネタバレ・感想等でした。

いやー…非常に気になる終わり方をしてしまいました。

次の巻いつ発売されるんだろう。

というかそもそもこの漫画どの雑誌で連載されてるんだろう。

月刊系だったら次の巻の発売日は程遠いんだろうなぁ…
ググったらすぐ分かるけど

まぁ、気長に待っていようかと思います。

それではありがとうございました。

この漫画を読んだ人へのおススメ漫画

スポンサードリンク

 

【特集!!】漫画を安くで読む方法公開中
↓↓↓↓↓↓↓↓

管理人も使ってる!
漫画を安くで読む方法

 

 

「Renta!」
漫画レンタル派の方におススメ!
管理人たつのみやはレンタル派です
↓↓↓↓↓↓

 

 

ブログランキング参加中!!
その1クリックがやる気に繋がります!
応援ポチお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

当ブログで紹介している
カオスな漫画一覧はコチラより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あ、新たな漫画発掘などに役立ててね…
漫画一覧はコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする